「もし、私が知ってさえいたら」

もし、ぐっすり眠っているあなたを見るのが
これで最後だと知ってさえいたら、私はあなたをもっとしっかり、
毛布に包んで、神様の祝福を祈っただろう。

もし、外出するあなたを見るのがこれで最後だと知ってさえいたら
私は、あなたをしっかり抱きしめ、キスをし、出かけるあなたを
もう一度呼び止め、もう一度しっかち抱きしめたことだろう。

もし、あなたの心からの、褒め言葉を聴けるのが
これで最後だと知ってさえいたら
私は、それを毎日繰り返して見ることができるように、
あなたの言葉とその態度のすべてをビデオに撮影したことだろう。

将来の道を考えるための明日はきっとあるし、きっと来ると考えている。
すべてをやり直すための明日はきっとくるはずだと、私たちは考えている。

「愛しているよ」と言える別の日がいつか必ずあるのだろう、
「何か手伝いましょうか」と言える機会がまたきっとあるのだと思う。


しかし、万一、それが間違いだったら、あなたをどれほど愛しているかを
伝えられるのは、今日しかないのだ。
そのことを決して忘れないようにしたい。

若者にも、そうでない者にも、明日という日は、約束されているわけではない。
だから、今日こそ、あなたが愛する人をしっかり抱きしめることができる
最後の機会かもしれないのだ。

もし、あなたがなすべき明日を待っているのであれば、
今日実行してみららどうだろう。
もしかしたら、明日は来ないかもしれないし、そうなったら、
きっとその日、あなたは後悔することになるだろうから。

笑顔を見せること、抱きしめたり、キスしたりするための
ほんのわずかな時間
相手があなたに求めている、唯一の、
最後の願いだったかもしれないそれらのことを、
多忙を理由に拒否してしまったとしたら、
きっと後悔することになるだろう。

だから、今日、愛する人をしっかり抱きしめよう。
そして耳元でささやこう
愛してることを、いつも大切な人だということを。
「ごめんなさい」
「ありがとう」
「大丈夫」
「いてくれてありがとう」
と、時間をとって伝えよう。


そうすれば、もし明日が来ないとしても、今日、この日、
後悔することはないだろう。


この詩は、ヨコハマで開催されたセミナーの時に頂いた詩です。
[PR]

by 964navi | 2007-09-16 22:18  

<< セピア色 モチベーションアップ! >>