GT iDRIVE3.0

b0030580_2184466.jpg


今日は、先週のアバランチで使用したiDRIVEを整備しました。
iDRIVE5・3.0をベースに、フロントにROCKSHOXのPIKE、ハンドル・ステム、
前後タイヤ、フロントギア2段化の簡単なチューニングで済ませました。

今回、バリバリのDHコースをこのiDRIVEで下ったわけですが、
リアストロークは、たったの5インチ。でも、この5インチでも、エアサス
でも結構十分に走れてしまったのは、新たな発見だった。

バーチャルピボットや10インチストリークのものまでいろいろな
モデルがある中、実は10インチもストロークっていらないのでは!?
と感じました。やっぱMTBは、シンプルなのが良くて、
整備性の良さ、ランニングコストパフォーマンスの高さも
バイク選びの基準にとって重要かも。

また、PIKE、超簡単可変ストローク機構や減水力調整システムやら、
最新のFサスは、何でもありなんだな!と感じた。
車の車高調よりも、遥かに進んでますね~!
自転車オタクじゃない僕には、何もかもが新鮮です(笑)

それにしても、iDRIVE、うそのように進みます。こぎこぎしてても、
リアは跳ねずに、しっかりと路面の凸凹は吸収してるので、
とても変な感じです。スーパームチャクチャ、完成度が高いです。
[PR]

by 964navi | 2006-06-18 21:27  

<< 1億円プレーヤー!! ロードトレーニング >>